Archives

All posts by admin01

施工管理の仕事は、建設工事現場や土木工事の現場です。

なんとなく男の人の仕事というイメージはありますが、女性は施工管理技士にはなれないのでしょうか?

・女性の施工管理技士

施工管理の仕事は、建設現場や土木工事現場を一括管理する事です。

どちらかというと男性の仕事というイメージが強いのですが、中には女性の施工管理技士もいます。

ただし施工管理技士は国家資格となり、2級と1級があります。

1級の方が難易度も受験資格もハードルが高いですが、どんなに早くても数年かかります。

このため女性も男性も、30代~40代でやっと資格を取得できるので、平均年齢は少し高めです。

これは女性に限らず男性にも共通しています。

ただし求人は男性に比べると少なめです。

・割合は少ないが実力のある女性施工管理技士も多い

施工管理技士の全体の割合でも、女性は3割弱と男性に比べると数は少なめです。

しかし実際に現場で働き、きちんと仕事をこなし、現場の仲間からも信頼されている女性の施工管理技士はたくさんいます。

現場の雰囲気や工事内容による違いもありますが、男性が多い現場に女性がいると、雰囲気が和むとか、細かい気配りができると現場の空気がよくなるというようなメリットは多々あります。

経験と実績があれば、女性の求人もあります。

・まとめ

施工管理技士は、幅広い仕事をこなさなければいけません。

時には現場で仕事をする事もありますし、遅くまで残業しなければいけない日もあります。

しかしやりがいはあるので、施工管理技士を目指す女性も少なくありません。

施工管理の求人は、探してみると意外と多いですが、どのくらいの求人があるのでしょうか?

・施工管理の求人

施工管理技士の求人を調べてみると、建築関連や土木関連の求人を扱っているサイトなら、大抵どこも100件前後の求人があります。

国家資格が必要な事から、誰にでもできる簡単な仕事ではないため、求人があっても応募できる人は限られてきます。

いくつかの求人サイトを比較してみると、一応100件前後は扱っているので、後は応募条件などと照らし合わせて、自分に合った求人を探すのが一般的です。

◆関連リンク→http://toyokeizai.net/articles/-/33917

また、上記関連リンクを確認してもらうと分かるように、建設業界は人材争奪戦が激しいみたいです。

施工管理士を取得すると、より仕事を探す際は有利だと思います。

・施工管理技士の仕事

施工管理技士の仕事は工事現場全体を管理してまとめる事です。

ほとんどは現場が中心となりますが、時にデスクワークもこなさなければいけません。

また、残業も意外と多いので楽な仕事ではありません。

仕事の仕方も多岐に渡り、時にはチームで仕事をこなし、時には1人でこなさなければいけない事も出てきます。

施工管理技士という資格があっても、工事の規模が大きいほど責任も大きくなるので、経験が豊富な人が選ばれます。

・まとめ

施工管理技士の求人は他の職業と比べると、求人数は少なめです。

専門職を扱うサイトを除いて、ほとんどの求人サイトで100件前後の求人があります。

施工管理技士の資格を持っていれば、未経験者でも採用する事はあります。

ただし経験者の方が時給が高いので、最初は経験を積む事も大切です。

全体的には、未経験者OKという求人は数が少なめです。

施工管理の仕事をするには、施工管理技士の資格が必要です。

とりあえず資格を持っていれば求人には応募しやすくなりますが、施工管理技士にはどのような事が求められるのでしょうか?

・施工管理技士に求められる事

施工管理の仕事をするには、施工管理技士という国家資格が必要です。

ただし資格を持っていても、実務経験が多い人ほど信頼される傾向があるので、経験も必要です。

施工管理技士には1級と2級があります。

1級の方が難易度は高くなるため、2級よりも1級の資格を持っている人の方が需要は高いです。

実際に2級の時はあまり仕事ができなかった人が、数年かけて1級の資格を取得してから仕事の依頼が増えたというケースもあります。

・施工管理技士に向いている人、いない人

施工管理技士は、工事現場で様々なことを管理する責任者です。

そのため技術者や職人から信頼される事も大切です。

責任感があり頼りになる人は施工管理技士に向いていますが、責任感がなくあまり便りにならない人は、現場でも信頼されない傾向があります。

また工事をいかにスムーズに進め、期日までに完了させるかも施工管理技士の腕にかかっていると言っても過言ではありません。

リスク管理などもできる力が必要です。

・まとめ

施工管理技士の資格を持っていれば、仕事はできますが、経験が多い人ほど優遇される傾向があるので、まずは経験を積む事が大切です。

※こちら参考までに・・・実は気になる!有名な国家資格4選と一級を取ると就ける仕事とは? | ガジェット通信

資格を取りたてでも、未経験者OKという求人はありますので安心です。

施工管理の仕事をするには、施工管理技士という資格になりますが、国家資格となるため簡単には取得できません。

求人はありますが、特殊な資格となるため年収も気になるところです。

・施工管理技士の年収

施工管理技士は国家資格となるため、資格を持っているだけで専門的知識や、経験がある事の証明になります。

しかし施工管理技士には6つの種類があって、それぞれに年収も違ってきます。

全体の傾向としては、経験を積むほど信用度も高くなるので、経験が多いほど年収も上がって行きます。

ただし施工管理技士の種類や、年齢によっても年収は違いますので、一概に良いとも言い切れません。

・施工管理技士の種類による違い

施工管理技士には、土木、管工事、電気工事、建築、造園工、建設機械という6つの種類があります。

工事内容により、求められる施工管理技士も変わってきますが、中には特殊な工事や、あまり数が多くない工事もあります。

数が多い分野の施工管理技士は、その分仕事も多いので収入も変わってきます。

また大手に所属している人と、規模が小さい会社では仕事の規模も変わってくるので、こういうところでも年収には違いが出ます。

・まとめ

施工管理技士の仕事は、経験が多いと年収も増える傾向にありますが、工事の規模でも変わるため、同年代でもかなり幅があるのは事実です。

また施工管理技士の1級と2級では、受験資格もことなるためここの違いも年収に関係してきます。

求人も資格を指定している事があるので、2級よりも1級の方が就活には有利かもしれません。