施工管理の平均年収

施工管理の仕事をするには、施工管理技士という資格になりますが、国家資格となるため簡単には取得できません。

求人はありますが、特殊な資格となるため年収も気になるところです。

・施工管理技士の年収

施工管理技士は国家資格となるため、資格を持っているだけで専門的知識や、経験がある事の証明になります。

しかし施工管理技士には6つの種類があって、それぞれに年収も違ってきます。

全体の傾向としては、経験を積むほど信用度も高くなるので、経験が多いほど年収も上がって行きます。

ただし施工管理技士の種類や、年齢によっても年収は違いますので、一概に良いとも言い切れません。

・施工管理技士の種類による違い

施工管理技士には、土木、管工事、電気工事、建築、造園工、建設機械という6つの種類があります。

工事内容により、求められる施工管理技士も変わってきますが、中には特殊な工事や、あまり数が多くない工事もあります。

数が多い分野の施工管理技士は、その分仕事も多いので収入も変わってきます。

また大手に所属している人と、規模が小さい会社では仕事の規模も変わってくるので、こういうところでも年収には違いが出ます。

・まとめ

施工管理技士の仕事は、経験が多いと年収も増える傾向にありますが、工事の規模でも変わるため、同年代でもかなり幅があるのは事実です。

また施工管理技士の1級と2級では、受験資格もことなるためここの違いも年収に関係してきます。

求人も資格を指定している事があるので、2級よりも1級の方が就活には有利かもしれません。